2021/04/06

Blogger で google code prettify を使うときに、コードが折り返されてしまう

一つ前の記事を投稿する際、コードを書きたくて「google code prettify」を使ったのですが、横スクロールバーが表示されず、コードが強制的に折り返されてしまう問題が発生しまして。

ググると、

pre.prettyprint {
    word-wrap: normal;
    overflow-x: auto;
}
という感じで書けばいいですよ、というのがいくつか出てくるのですが、おそらくベースのスタイルシートの設定か何かで、全然効かない。ってことで、Chromeの開発ツールなどを適当に触ってみていたところ、

pre.prettyprint {
    word-wrap: normal;
    overflow-x: auto;
    white-space: pre;
}
でできることがわかりました。white-space の設定が pre-wrap になっているテーマだとダメみたいです。

ということで、上の設定を、Bloggerの管理画面から「テーマ」→「カスタマイズ」→「詳細設定」→「CSSを追加(プルダウン)」に貼り付ければOKです。

GCPのdeployment managerでlocal ssdを繋げる

GCPの deployment manager で local ssd ( SCRATCH Disk ) を繋げて立ち上げる際の、jinjaの書き方です。ググってもなかなか出てこなかったので、備忘録。

deployment manager にくっついてくるサンプルのjinjaファイルには、deployするインスタンスにPRESISTENT diskをくっつけてありますので、そこからスタートします。

disks:
  - deviceName: boot
    type: PERSISTENT
    boot: true
    autoDelete: true
    initializeParams:
      sourceImage: https://www.googleapis.com/compute/v1/projects/debian-cloud/global/images/family/debian-8

サンプルの、disksの中はだいたいこんな感じになっています。sourceImageはdebian-8になっていますが、今は適当にアップデートされているはず。で、ここに、

disks:
  - deviceName: boot
    type: PERSISTENT
    boot: true
    autoDelete: true
    initializeParams:
      sourceImage: https://www.googleapis.com/compute/v1/projects/debian-cloud/global/images/family/debian-8
  - deviceName: local-ssd
    type: SCRATCH
    interface: NVME
    autoDelete: true
    initializeParams:
      diskType: local-ssd

local ssdを、こんな感じでくっつけます。device nameはおそらく何でもOK。interfaceはSCSIでもいいかも。autoDeleteは必須。このjinjaファイルでdeployすると、インスタンスにlocal-ssdがくっついて立ち上がります。但し、これだけでは使えるようにはなっていないので、同じくdeployment managerで使うstartup-scriptに、ディスクをフォーマットしてマウントするコマンドを書いておきます。公式に「ローカル SSD を使用するインスタンスを作成する」があるので、それを真似て、

sudo mkfs.ext4 -F /dev/nvme0n1
sudo mkdir -p /mnt/disks/local-ssd
sudo mount /dev/nvme0n1 /mnt/disks/local-ssd
sudo chmod a+w /mnt/disks/local-ssd

こんな感じでstartup-scriptに追記しておくと、立ち上がったときに使えるようになっています。マウント場所やアクセス権は適宜設定してください。あと、SCSIディスクをくっつける場合や、local ssdを複数くっつける場合はdev/nvme0n1 が変わると思います。

2020/10/27

iPad + Apple Pencil はリモートワーク必須アイテム

リモートワークの効率を上げるためのオンラインミーティングツールとして、iPad + Apple Pencil は必須だという話。さほど新しい話ではないですが、意外に知らない人が多いので、紹介します。

 

普段がデスクワークの方でしたら、自分一人でPCに向かって作業する時間と、打ち合わせの時間とがだいたい日常の業務の主だろうと思います。その中で、一人作業の効率化は、例えば椅子やキーボード、モニターなどのリモート環境を整えていくことで、かなり効率を上げることができました。

一方で打ち合わせについては、ZoomやTeams、Google Meetなどの対面コミュニケーションツールの性能がどんどん良くなってきて、音声と表情までは従来と変わらないくらいまで(多少慣れが必要ですが)コミュニケーションできるようになってきましたが、一つ欠けているのが「ホワイトボードの共有」でした。プレゼン資料の共有まではかなりイケていますが、ホワイトボードだけがなぜか置き去りにされてきています。

これは、「書く」という行為が多分にデバイスに依存するためです。紙と鉛筆、もしくはホワイトボードとマーカーは非常に洗練された表現ツールで、文字を書いたり、絵や図を描いたり、注目をひいたり、自分が表現したい事物や気持ちを自由自在に表現できますが、それを伝送できるものがなかなか出なかった。Zoomにもホワイトボードは備わっていて、それなりに使えますが、自由自在に入力するためにはマウスでは辛いですし、ペンタブもかなり大雑把だったり、思うように描けなかったりします。(おそらく専用の熟練が必要。)

そこで、iPad+Apple Pencil の出番です。

ただ iPad を液タブとして使う、というだけなのですが、これを他のホワイトボード共有サービスと組み合わせるとめちゃめちゃ便利、というのが主旨です。

 

用意するものは iPad と、Apple Pencil。単に「書く/描く」というだけでも、この組み合わせはめちゃめちゃ使いやすくて、ペン先の細かいコントロールが利くので、細かい数式などもしっかり書けます。私は書き心地を試す際には必ず積分の様々な公式を書いてみるのですが、上付き文字、下付文字、インテグラル、インフィニティなどがきれいに書けると、これはいいデバイスだなと思います。

次に、iPad にホワイトボードアプリを入れます。リアルタイム共有ができるものを使いましょう。私は日頃 Google Workspace (旧 GSuite)を使っているので、Jamboard のiPad用アプリを入れます。Teams のユーザーならば Office 365 の MS Whiteboard でもOK。これらは iPad に専用アプリがあるので、これが書き心地的にかなり重要です。

さて、これらのサービス、Jamboard や MS Whiteboard は、クラウドを通じて共有できるのが特徴ですが、これを自分自身と共有するのがミソ。だいたいこういうクラウドサービスは、同じサービスにアカウントを持っていないと共有できなくて、「使えます?」「使えません」っていう会話がそこかしこで繰り広げられています。社内ならそうでもないですが、外部ミーティングだとしばしばおこります。ですが、自分と自分は当然同じクラウドサービスを使えますので、iPad と PC で同じサービスを使うことができる。つまり、iPad で立ち上げた Jamboard や MS Whiteboard を、PC でも見ることができます。

そこで、その画面をミーティングで共有します。